大田区でアットホームな家族葬の葬儀を行いました

一緒に暮らしていた祖父が…

90歳をこえても元気だった祖父でしたが、寝ている間に脳の血管に問題が生じて、そのまま亡くなりました。
突然の出来事で驚きと悲しみに見舞われましたが、時間が経つと少しずつ冷静になり、家族で大往生だったと慰め合うようになりました。
祖父は以前は関西方面で独り暮らしをしていましたが、高齢だということもあり、大田区で息子夫婦と一緒に同居をするようになりました。
小さい頃は頻繁に関西にある祖父の家に遊びに行っていましたが、高校生くらいになると遊びに行くこともなかったので、祖父と一緒に暮らすようになったことで嬉しさと戸惑いがありました。
しかし優しくて懐の深い祖父だったので、一緒に暮らすことがとても楽しく、家族総出で出かけることも沢山ありました。

大田区で葬儀を経験しました

おいおばさん おばさん
運転中のすまほはやめるんだ 葬式帰りの格好のようだがあんたがお葬式になるぞ

— 音無ヨハネス (@Tsukio_yohan) 2018年8月17日

大田区で親戚の葬儀に出席をしました。やはりとても悲しい気持ちになっていたのですが、すごく葬儀会社の人がいい人で安心することできたのです。私たちの悲しい気持ちをきちんとわかってくれていますし、本当にここで葬儀をしてよかったと心から感じることができました。そう思っていたのは私だけではなかったようで、親戚の人みんなそう言っていたのです。みんなそう思っていたんだと思ったらやっぱりなと思いました。親戚の人たちと集まるのも久しぶりで嬉しかったですし、悲しい気持ちもありましたが帰る時にはきちんとお見送りをすることができてよかったという気持ちになれました。大田区はとてもいい場所だなという気持ちにもなることができたのです。普段東京に住んでいないので大田区に来ることはあまりありませんが、今回ここ来てすごくイメージがよくなりました。親戚も集まりやすい場所ですし、葬儀会社の人も最初から最後まで親切で悲しい気持ちも半減されたように感じます。貴重品も責任を持って預かってもらえたので安心して葬儀に参加することができました。コップなども貸してもらえましたし、美味しいお茶も用意してくださっていたのでみんなで飲むことができよかったです。

一緒に暮らしていた祖父が… / 祖父の遺言で家族葬に / 落ち着いた葬式になった