大田区でアットホームな家族葬の葬儀を行いました

祖父の遺言で家族葬に

ただ、祖父は長年暮らしていた関西を離れたことによって、仲良い友人と離れなければならないことが寂しかったようです。
そのせいか、大田区に引っ越してきてからは新しい友達を作ろうとせずに、ほとんどの時間を家族と一緒に過ごすようになりました。
そのため、祖父は以前から自分の葬儀は、近所などを呼ばずに静かなものにしてほしいと話していました。
生前に葬儀の話をするなんて縁起でもないと、真剣に話を聞くことはありませんでしたが、祖父が亡くなってからは家族と話し合いをして、祖父の意向にそった葬儀を行うことにしようということになりました。
そこで大田区にある葬儀業者に相談をしたところ、さいきんは家族葬が増えていて、アットホームで静かなな葬儀になりますということを説明してもらいました。
家族葬という言葉は確かに見聞きすることが多くなっていますが、実際に家族葬に参加したこともなかったので、スムーズに物事がすすめられるか心配でした。
しかしスタッフがサポートをしてくれるということもあり、お願いをすることにしました。

一緒に暮らしていた祖父が… / 祖父の遺言で家族葬に / 落ち着いた葬式になった